2017年10月17日火曜日

メタファシ習得への道

入門編や基礎編の講師をさせていただくようになってから、参加者同士の事実質問の練習のやりとり、そのフィードバックを聞いていると、私が勉強し始めた時を思いだす事が何度かあった。
自分自身まだ勉強中の身ではあるが、今までどのように練習し、勉強していったのか。 ふと疑問に思って、一度まとめてみようという思いにかられたので、自問自答をしながら思い出していった。数点ポイントとなる事を思い出したので、書いてみた。

6年前、ムラのミライのインド事業地で中田さんに対話型ファシリテーション研修を受けてから、これだ!と思い、名古屋で勉強会があることを知り、その翌月20121月にJICA中部で開催した時に参加した。ちょうど中田さんも勉強会に来ていただいた時であった。 その時、インド研修以降に意識していたこと、「なぜ?」を使わない事を話した覚えがある。 自分自身がなぜを使わないこともそうだし、第三者の会話をきいていて「なぜ?」を使ったときにどのような会話になるのか、その返答が事実なのか、それとも感情か観念なのかを意識した。 メタファシリテーションを勉強している人にはあるあるネタなのかもしえないが、「なぜ?」と聞かれると、どうしてどんな聞き方をするんだ! とイラっとすることさえもあった。それだけ徹底的に意識をしたのを覚えている。 もちろんそれと同時に、なぜの代わりに、「いつ」や「どこ」を使うようにした。 また、この当時は、事実質問を使った自問自答でモノについて聞きこんでいく、という事も練習方法の1つとしていた。  

201210月より、私が勤める団体からエチオピアへ1年赴任することになり、現場で使えるチャンス!村人に気づきをあたえたる! と本来の業務以上に意気込んでいた。 そして事業地の村で初めて訪れた家での対話は今でも鮮明に覚えている失敗例だ。 ある家を訪れた時に、農機具(確か鍬だったと思う)があったので、教科書通りの「これは何ですか?」と質問してみた。 その家のお母さんは、「見ての通り鍬だがね」という答えから、話も続かず弾みもせず、意気消沈としてその場を去ったのは覚えている。 直後、師匠の中田さんにスカイプで相談すると、エントリーポイントについて思い出させていただいた。 何でもかんでも事実質問を使って聞けばいいのではなく、「エントリーポイント」を意識し、それと同時にエントリーポイントを見つけるために観察することに重点を置いた。

20137月に帰国後は、勉強会に参加し、そこで中田さんを招いてフィールドワークをして現場経験も積んでいった。 ただ、現場というのは特に設ける必要もなく、常にチャンスはあり、家族や友人、パートナーとの普段の会話でも、事実質問のスイッチが入るときがあった。 以前のブログ記事「恋は盲目」の時のように、ふとした瞬間に事実質問モードになっていたよう、振り返ると普段の生活でも事実質問を練習することに意味があったと感じる。これは気づきを与えるということのみに重点をおいておらず、どちらかというと頭の中を事実質問モードにすることにより、自然とそういった質問がでてくる癖をつける、そして質問の幅を広げる目的であった。 そういった意味では、月に1度の自主勉強会に参加し、同じ志をもった仲間と練習し合い、対話型ファシリテーションモードになる事の重要性、そして継続する意味を改めて感じた。特に2016年にエチオピア事業で数か月、現地に滞在した時に、質問の仕方の幅が増えたことを実感した。それを実感した出来事は長くなるので、また後日お伝えしたい。  ただ、感覚的に言うと、横の幅だけではなく、横も広がり縦でも考えられるようになった感覚があった。
シンプルな事実質問で気づきを与えられるのが対話型ファシリテーションでもあるが、まずは気づきを与えるための的確な事実質問を常に意識し、練習することが上達していく術なのかなと過去を振り返ると感じた。





(ムラのミライ認定トレーナー 松浦史典


読み切り形式でどこからでも読める、対話型ファシリテーションの入門本。
対話型ファシリテーションの手ほどき」 (700円+税 2015年12月発行)

2017年10月10日火曜日

多数を相手でも手順は同じ


前回前々回より連載3回目の今回は、多数を相手にどのように対話を行っていくのかをお伝えいたします。


今から10年ほど前のことでしょうか。インドはアッサム州のある村でのことです。私と中田さんは、国際協力銀行の森林関係のプロジェクトのある調査のために、インド人の専門家たちとチームを組んでその村を訪れていました。このとき、アッサム州政府で私たちのカウンターパート、つまり行動を共にするのは森林局でした。他にも沢山の村を訪れましたが、この村は、特に印象に残っています。村に着くと、出迎えた村人たちが、いきなり鉦や太鼓で踊り出したからです。その賑やかさは、徳島の阿波踊りを思い浮かべて頂くとかなり近いものがあります。

この調査いかんでは、森林局に大型のプロジェクトがやってきます。私たちを最大限もてなす、森林局の演出だったのでしょう。村人がかり出されているのは明らかですが、しかしながら、踊りそのものは、気合いが入っているというか、それはそれとして心から楽しんでいるというか、私たちや森林局へのお付き合い、というレベルを超えた熱気でした。

その、老若男女が、いわば踊り狂っている中で、私の目を一際引いたのは、あるおばあさん。失礼ながら、相当のお歳とお見受けしたのですが、その踊り狂う様が半端ではない。心から踊りを楽しんでいる様子がよく分かる。その体のこなしが、若い者たちに負けていないのです。

この踊りによる「歓迎」、正直言って、調査に入った私たちとしては、のっけからこの調子では、とてもまともな聞き取りなどできないのではないか、このまま集会に移行すれば、しゃんしゃん、で終わってしまうのではないかという、そんな気配が濃厚でした。しかしながら、踊るおばあさんは、強く印象として私の中に残っていました。果たして、彼女はどんな人生を歩んできたのだろうか、そんなことをぼんやり考えながら、私は集会所へ歩いていました。

やがて、私たち調査団のメンバーと森林局のお役人たち、そして村人が集会所に落ち着くと、歓迎式というのでしょうか、が始まりました。私たちは、もちろんひな壇に並んで座っています。そして、政治家やお役人、村の有力者たちのスピーチが次々に始まります。スピーチは、土地の言葉で語られているので、私には分かりませんが、敢えて通訳を付けてもらう必要もありません。内容が分かったところで、大したことはないし、また、何となく何を話しているかも分かります。そんなとき、私は目の前にいる集会所を埋め尽くす村人たちの表情をじっくりと観察します。すると、後ろの方に例のダンシングおばあさんがいました。こうなるとしめたものです。このおばあさんに、今日の私の話の「マクラ」になってもらおうと決めました。

さて、私がスピーチをする番になって、まず話したのは、村に着いてすぐに始まった群舞のことです。それがいかに印象深いものであったか。ここで、後ろに座っていた例のおばあさんを手招きして、前の方に座ってもらいます。そして、特にこのおばあさんの踊りに感心したことを語ります。このとき、おばあさんに、この踊りは誰から習ったのか、どんなときに踊るのかなど、村の慣習に係わる話しを聞いていきます。これは、メタファシリテーションの基本、相手のセルフエスティームを上げる、ということの応用ですね。

ここまで来ると、集会所全体の注意はわたしに集まっています。ここで私は、村人全体に問いかけます。

「踊り以外に、あなたたちが昔から知っている、できることはありますか?」

すると、稲作から畑作、その他いろいろ出てきます。さらに問いを重ねます。

「森はどのような利用の仕方をしていますか?」

これに対しても、いろいろな答が出てきます。ここで、これまで出てきた話を確認しながら、今ここに集う人たちが覚えている限りで、森や田圃、畑にどんな変化があったのかを確認していきます。そうすると、耕作地の拡大、森の減少、井戸を掘ってはつぎつぎに枯れていく、などの話が出てきます。

もう、10年前の話なのでよく覚えていませんが、ここまでで十分村人たちが話にのってきたので、あとは調査団のメンバーそれぞれに引き継ぎました。最初は、歓迎行事的なムードだったのが、この時点では完全にこちらが知りたいことと村人たちの知りたいことの接点ができ、村人が積極的に参加する調査が順調にできたということです。


さあ、これまでの経過で分かるように、多数を相手にしても手順は同じです。まず、観察、そして相手のセルフエスティームを上げる。後は事実を一つ一つ丁寧に聞いていく。そういうチャンスがあったら試してみてください。




和田信明



→読み切り形式でどこからでも読める、メタファシリテーションの入門本。

  



→2時間で理論と実践方法が学べる1,000円セミナー
http://muranomirai.org/intro201604

→本気で実践スキルを身につけたい方へ:フォローアップつき・丸1日の本格講座
http://muranomirai.org/basictrg201605

2017年10月3日火曜日

メタファシリテーションから見えてきた違った景色


お久しぶりです。皆様いかがお過ごしでしょうか。インターンの吉崎です。
今回は昨年11月に出版された「ムラの未来・ヒトの未来」からメタファシリテーションの実例を紹介させていただきます。

 


事実質問を重ねていくうちに、今までとはまったく違ったコミュニケーションのパターンに入り、見えなかった現実が目の前に浮かび上がってくる現象を、手法の創始者である和田は「違った景色が見えてくる」と形容している。そのような例を、私の実践の中からひとつ紹介してみる。

二〇〇九年の夏頃だったと思う。私はその日、バングラディシュの首都ダッカ市内最大のスラムにいた。用事をすませたあと、スラム内の商店街の薬局の店先に並べてある椅子に腰をかけて一休みさせてもらいながら、店主と以下のように会話を交わした。

 

私「(棚の薬品類を見回しながら)立派な店だ。失礼ですが、あなたのお店ですか」

薬屋「そうです」(中略)

私「店は毎日開けるんですか?」

薬屋「ええ、基本的に休みなしです」

私「今朝は何時に開けましたか?」

薬屋「9時半頃かな」

私「今、11時過ぎだから、開店から1時間半ほどですね?」

薬屋、うなずく。

私「開店から今までに、お客さん何人来たかわかります?」

薬屋「もちろん。4人来ました」

私「誰がどの薬を買っていったか、覚えてます?」

薬屋「はい、覚えていますよ」

私「何と何の薬ですか?よかったら教えてください」

薬屋「1人は胃薬を買っていきました。あとの3人は皆同じで、○○薬を買いました」

私「ほー、そうだったんですか。それは意外だ。で、昨日はどうでした」

薬屋「昨日も、○○薬が一番多かったですね」

 

さてここでクイズ。この○○に入るのは何だっただろうか。四人中三人が買ったのは一体何の薬だったのか。

正解は「筋肉痛」の緩和薬である。正解を当てられた方はいないにちがいない。かくいう私も、下痢の薬か風邪薬だろうと考えていた。

ここに住む人々は、リキシャ漕ぎ、荷車引き、レンガ運びや道路堀りなどなど、肉体的に最も厳しい作業を日々担って働いている。体が痛みに耐え切れず、緩和薬を塗ったり飲んだりしながら、今日も仕事にでかけていく。そんな光景が、たったこれだけの会話から見えてくる。周りに座って私たちのやり取りを聞いていた住民とおぼしき男の一人が、「俺たちは、きつい仕事をしているからな」とつぶやく。他の数人も感慨深げにうなずいた。五分にも満たないやり取りだったが、スラムの人々の生活の現状を垣間見させてもらうことができた。人々の心の奥底も、少しだけのぞくことができた気がした。

        


 

 

なるほど。確かにスラムに住む人々の生活をよく知らなければ、よく購入される薬ときいて「衛生面を考えると下痢止め?整腸剤?」と考えてしまいます。しかしこのような何気ない事実質問から「違った景色がみえてくる」ことがあるのですね。
皆さんもぜひ日常の会話の中で事実質問を取り入れてみてください。今まで見えなかった現実が見えてくるかもしれませんよ。

(ムラのミライ 関西事務所インターン  吉崎日菜子



読み切り形式でどこからでも読める、対話型ファシリテーションの入門本。
対話型ファシリテーションの手ほどき」 (700円+税 2015年12月発行)


2時間で理論と実践方法学べる1,000円セミナー
メタファシリテーション入門セミナー」 (各地で開催) 


本気で実践スキルを身につけたい方へ:フォローアップつき・丸1日の本格講座

メタファシリテーション基礎講座」 (各地で開催)

2017年9月26日火曜日

机の上が散らかっているのが悩み…それってホント?

みなさん、おひさしぶりです。
ムラのミライ関西事務所インターン生の稲垣です。
 
ムラのミライが生み出した「メタ・ファシリテーション」は、「Why」や「How」を使わない事実質問を行うことで、当事者自身による気づきや行動の変化をもたらします。
 
うーん、これだけ聞いても、なんだかよく分からないですね。
そこで、今回は「メタ・ファシリテーションって何?実際にはどのように使うの?」と思っていらっしゃる方々に、メタ・ファシリテーションを使った具体例をご紹介します!
 
ムラのミライでは、『途上国の人々との話し方』という著書を出しています。本書の中で、ムラのミライ代表理事である中田さんがファシリテーター講座での様子を執筆しています。
メタ・ファシリテーションによって、講座の受講者の方が悩みを解決したときの「なるほど!!」感がとても伝わってきますので、ここで本書の一部抜粋をみなさんにご紹介したいと思います。
 
***************************
 
 
私のファシリテーター講座での事実質問の練習中の一こまである。ファシリテーション手法の実践的な練習として、「改めたい習慣」について相手にたずねていきながら、問題解決のための気づきを与えることを目的に、二人一組で互いにインタビューしあうという作業を行った。
 
ある国際協力団体の女性スタッフ池田さん(仮名)と講座の主催者側のアシスタント杉山さん(仮名)がひとつのペアになった。池田さんが挙げた自分の問題は「職場の机の上にいつも書類が乱雑に積み上げられていて、ぜんぜん片付かないこと」であった。すでにファシリテーションの訓練を受けていた聞き役である杉山さんは、講座で教えているインタビューの公式に沿って要領よく彼女の問題の分析を進めていった。
 
杉山さんはまず、「机の上が片付かないことで、仕事の効率が落ちているのか」と質問した。つまり「それで誰がどのように困っているか」を尋ねてみた。そうしたところ、彼女は、「よく考えてみればそれほど落ちているわけではない」と答えた。「じゃ、どうして私はこんなに気にしているのだろう」と自問する彼女にかまわず、彼は次の質問をした。「では、職場の同僚で、机の上がきれいに片付いている人がいますか?」と。彼女はしばらく考えてから、「います」と答えたのだが、あいにくそこで時間切れになり、やり取りを終えなくてはならなかった。
 
講座の次のステップとして、それぞれのペアによるやり取りの振り返りが始まった。彼女の番になった時、彼女は、興奮気味に語り始めた。「私わかったんです。職場の同僚で机の上が片付いている人がいますか、と聞かれたときに。実は、いつもきれいに片付けている人は、男性職員だったんです。それを思い出した時、私、はっと気がついたんです。男性があんなにきれいに片付けているのに、女である私が乱雑にしていることに、私はコンプレックスを感じているんだ。だから、そのことがあんなに気になるんだ、と」
 
つまり、池田さんの本当の問題は、机の上が片付かないという物理的な状態ではなく、「女のくせに」とつい考えてしまう彼女の偏見、いわゆる「ジェンダーバイアス」だったのである。ファシリテーションの公式にしたがって、聞き手が「それで何がどう困っているのか」、困ったことがないようだったら、「それを解決している人が誰かいるのか」という具合に対話を進めていった結果として、池田さん自身が自らこのことに気付いた。
 
それで机の上が片付かないという問題が解決できたわけではないが、少なくとも前ほど苦にならなくなったという。さらに、その後、より収納スペースの大きな机の導入を提案するなど、現実的な対策を進めたとのことであった。
 
杉山さんの「机が片付いている職場の同僚はいますか」と質問の次は「それは誰ですか」となるはずだった。ところが、練習が時間切れになったので、池田さんは自分の中でその続きをやった。そうしているうちに、彼女の内面で新たな気付きが起こり、それを彼女は皆に言わないではいられなかった。
 
ここでひとつ注意しておく必要があるのは、杉山さんが最後の質問をしてから、池田さんの気付きが起こるまで、少々の時間的な経過があったということである。この働きかけから気付きに至るまでの間の時間的なずれの存在は、ファシリテーション手法において極めて重要な要素なので、後でじっくりと述べることとする。
 
(『途上国の人々との話し方』p5859より一部抜粋)
 
 
*****************************
 
うーん、なるほど!まさか、「机が片付かない問題」の根幹に「ジェンダーバイアス」という問題が潜んでいたとは
 
メタ・ファシリテーションは事実のみを聞く(「Why」「How」といった考えや自己認識を問う質問は封印する)ことで、相手に状況などを鮮明に思い出させて、新たな「気づき」を促します。
 
 このようなメタ・ファシリテーション講座をムラのミライでは提供しています。ぜひ、一度ホームページをのぞいてくださいね。私も絶賛修行中です!みなさんと勉強させていただけることを心待ちにしています! 
 
 
 
(ムラのミライ 関西事務所インターン 稲垣玲



読み切り形式でどこからでも読める、メタファシリテーションの入門本。
  



2時間で理論と実践方法学べる1,000円セミナー
http://muranomirai.org/intro201604


本気で実践スキルを身につけたい方へ:フォローアップつき・丸1日の本格講座
http://muranomirai.org/basictrg201605

2017年9月19日火曜日

絶賛勉強中!初めてのメタファシリテーション~目からウロコの基本のき その2「尊重」~

こんにちは。
投稿2回目の菊地です。今回もセネガルよりお届けします。

最初の投稿にも書きましたが、私はまだまだメタファシリテーション初心者中の初心者です。そんな私が、メタファシリテーションの生みの親である、和田さんや中田さんのお側で見聞きし、これはヒントになる!と思った「基本のき」をまた一つご紹介したいと思います。

前回は、セルフエスティーム(自尊心)を高めるようなエントリーポイントの選び方のお話をしました。この自尊心に関連して次のようなストーリーをお話しします。

セネガルでのモデル農家養成研修中。私は、どのような流れで研修が進むのか興味がありました。

私が知っている研修、特に他のNGOなどが主催している研修には、もちろん「流れ」がありました。事前にきちんと原稿を作り、一字一句話す内容が決まっていました。あるいはパワーポイントやレジュメが用意されていました。

しかし、このセネガルでの研修では、どのように進むのかを私は事前に知らされていませんでした。それもそのはず、和田さんも中田さんも、流れを知らなかったのです!

さて、お二人とも流れを持っていないセネガルの研修はどうなったでしょうか。
ある村での研修の様子です。

まずは、農業をする前提として、自分たちの村のどこに、どれくらいの水があるのかを確認するため、村の地図を作成した農民たち。地図の説明をしながら、
農民「この井戸はすでに干上がっています。」
和田「(最年長の村人に)何年に掘られたか覚えていますか?」
村人2「1980年くらいかな」
和田「では、一番新しい井戸は?」
村人1「2016年に掘られました。でもすでに塩化しているので飲めません」
和田「その前に掘られた井戸は?」
村人1「2015年に掘られました。この井戸もすでにしょっぱくなっています。」

会話の終わりに「もうこれは病気のようなものです」と和田さんが言うと、村人たちは苦笑。
しかしこの後、どういう現象で井戸水が塩化するのか、水が土に浸透するメカニズムや土壌の性質変化の過程など(これらの説明はちゃんと用意しています。)の関係で説明していくと、村人たちの顔は真剣になっていくのでした。

極めつけに和田さんが「このままでは10年か20年でこの村はなくなってしまうでしょう。行動を起こすかどうかはあなたたち次第です。」と言うと、それまでの話によってスイッチの入った村人たちは、まだ何も言われないのに、さっそく対策について自ら議論を始めます。それを忍耐強く見守る和田さんなのでした。














お分かりでしょうか。ここまで来たらしめたものです。
ここがメタファシリテーションのミソとも言えるのではないでしょうか。

つまり、相手が話しやすいこと、相手が自ら関わったり、帰属しているもの、あるいは知っていることについて聞き、セルフエスティームを持ち上げた後に、少しの情報・テクニックを加えることで、スイッチが入ったように相手の主体性ややる気を引き出すという方法。それがまさに、メタファシリテーションの技術の基本なのでしょう。

研修生たちは、自分たち自らが対策について話し合っているように思っていたでしょうが、ここまでの流れをうまく作ったのは、実はファシリテーターだったのです。あるいは、話し手の流れにうまく乗ったとも言えるのでしょうか。

セネガルでの研修は、こうして無事に成功し、シメシメと思われた和田さん、中田さんだったでしょう。けれど、この「流れ」を持ち込まないという方法が成功するかどうかは、本番一度きりではなく、それまでに積み重ねられた練習と技術の賜物でしょう。

メタファシリテーションの使い手になるにはまだまだと、実感する私なのでした。

(セネガル事務所 菊地綾乃




→読み切り形式でどこからでも読める、メタファシリテーションの入門本。




→2時間で理論と実践方法が学べる1,000円セミナー













→本気で実践スキルを身につけたい方へ:フォローアップつき・丸1日の本格講座


2017年9月12日火曜日

「私って本当に、ダメダメお母さん?」メタファシリテーションで自分の課題を整理する(後編)

さて、前回の最後の質問を思い出してみて下さい。(前編はこちらから)
あなたが「私、何をやってもダメダメで…。」と相談した当事者だとしたら、どの質問が一番答えやすいでしょうか?
【質問】
1.え?何でそう思うの?
2.どうしたの?何でも話聞くよ。
3.最近、誰かにダメダメって言われたの?

実は、1、2の質問は、子育てに自信を失っていた私へ、実際に問いかけられた質問です。それぞれの質問に私は、こうリアクションしました。

1.「だって、赤ちゃんの体重も増えないし、寝かしつけもできないし…。」と、ダメダメエピソード(だと思い込んでいる話)を始めた

2.「ありがとうございます。えっと色々悩みはあるんですけど…。最近、人と話す機会がなくてコミュニケーション能力が低くなっていて。」と、頭の中が未整理で何から話せばいいか分からなくなった

みなさんにもこのような経験はあるでしょうか?私は、これらの質問に答えにくさを感じました。何故なら、1も2も私の意見や考えを聞く質問だったからです。
自信をなくし、頭の中も未整理の状態で、「何で」と理由を尋ねられても、「何でも話して」と抽象的に尋ねられても、答えるのにとてもエネルギーがいりました。結果、「何が悩みか」の検証もできず、さらに悩みを深めることになりました。
そこで、3のような質問を自分自身に問いかけてみました。さて、これは、何を聞く質問でしょうか?
    事実
    意見
    感情

答えは、①事実です。もちろん何気ない会話なら1,2の質問で問題ありませんが、メタファシリテーションでは、本当に悩んでいる相手の助けになりたいとき、相手の本音を引き出したいなら、相手が答えやすい「事実質問」(When、Who、Where、What)を用いて、過去の経験を思い出させることがとても重要です。


---
さて、私はママ友と別れ、帰宅後に自分の悩みを事実質問で分析してみました。少し長文ですので、時間がない方は【気付いたこと】へ。

【分析:「本当に私はダメダメお母さん?」】(以下、・ファシリテーターとしての質問、→私の回答)
・最近ダメなお母さんって言われたのはいつ?→先月、健診の時に保健師に「体重なかなか増えていないようですね」って言われた
・他には何を言われたか?→「体重は月単位の増え方を見るから、毎日測らなくてもいい」と言われたが、不安で毎日測っていた
・誰かにその悩みを話したか?→母親に話したら、私や兄弟も赤ちゃんのころ、同じような発育で体重がなかなか増えなかったと聞いた
・他には、ダメなお母さんって言われたことは?
→電車に乗るとき、急な雨でおばあさんに「そんな小さな赤ちゃんを雨にぬらして」と言われた。他にもあるけど、自分でもそう感じる
・最近いつ「ダメダメお母さん」と感じたか?
→家にいるとき、時間をもて余して、スマホ検索したとき、寝かしつけに時間がかかる時
・スマホ検索では何を調べていましたか
→『赤ちゃん 遊び方 楽しい』とか『赤ちゃん 寝かしつけ 攻略法』とか
・赤ちゃんとの遊び方について、誰かに相談したことはありますか?
→ママ友に相談したら、「え?保育士の経験があるかと思うくらい上手だよ。」と言われた
・寝かしつけのことは?誰かに相談した?
→家族や保健師に相談したが、悩みは晴れなかった
・その他に相談できるところを知っているか?
→行政の子育て相談窓口、NPOや企業の子育て悩みサポート窓口もあるみたいだけど使ったことがない
・他に、例えば体重が増えない悩みの時は誰に相談したか?
→体重のことはあまり同じような悩みのある人がいなかった。寝かしつけはママ友にも同じような状況の人がいて、お互いに情報交換をしている。来月からベビーサークルの回数も増えるので他のママ友にも相談できる


















ここまで事実質問をしてみて、私は以下のことに気が付きました。
【当時の悩み→気づいたこと】
       「ダメダメお母さん」→誰も私のことを「ダメダメお母さん」とは言っていない
       赤ちゃんの体重が増えない→不安で赤ちゃんの体重計測を毎日することで、逆に悩みの種を増やしていた。遺伝の可能性も大きいので長い目で見る必要がある
       寝かしつけがうまくできない→ママ友以外の相談窓口について情報収集の必要あり
       どうやって遊んだらいいか分からない→ママ友に褒められるぐらい上手
       赤ちゃんを連れまわせないから、誰とも会えない、人と話したい→来月からベビーサークルの回数が増え、ママ友と話す機会も増える


このように「ダメダメお母さん」という思い込みに気が付き、課題を整理できたのは以下3つのことが大きかったと思います。
    ママ友と話したことで、自己肯定感をあげることができ課題解決に向かうエネルギーをもらえたこと
    メタファシリテーションによって自己認知のゆがみに気付くことができた
    さらに、遊びが上手と褒められた成功体験や気軽に相談できる友人などの社会的資源を思い出し自尊心を取り戻せた


















この記事を書く前、ムラのミライの講師に「よくそんな時期に自分の力でメタファシリテーションができたね。」と言われ、よくよく振り返ってみるとママ友との会話が大きなきっかけになっていたことを思い出しました。改めて「成功は、自分のおかげ」にしてしまうものだなと振り返りの大切さを感じました。

(ムラのミライ 山岡美翔


→読み切り形式でどこからでも読める、メタファシリテーションの入門本。




→2時間で理論と実践方法が学べる1,000円セミナー













→本気で実践スキルを身につけたい方へ:フォローアップつき・丸1日の本格講座