2018年4月10日火曜日

対話で思い込みをはずす 「昨日、ランチで何を食べた?」


こんにちは。
今回のブログ記事は、現場でのマスターファシリテータ―たちの緊張感あるやり取りはお休み、オフィスでのちょっとした会話からです。

2月のネパール出張から帰ってきてすぐ、胃腸風邪のような症状で寝込み、食欲が戻らない日が続きました。そんなことがあった数日後、スタッフの山岡さんと久しぶりにオフィスで会いました。

山岡さん:お腹の調子はいかがですか?
私:はい、おかげさまで。でも、しばらくご飯を食べてなかったから、油モノはまだちょっと…。昨日のランチに、オフィスの近所のうどん屋さんに行って、かき揚げうどんを食べたんですけど、かき揚げの油がお腹にずっしり来て、またまた調子を落としてしまいました。
山岡さん:油が使ってあるものを食べたのは、(風邪のあと)昨日が初めてですか?
私:そうなんです!ご飯を食べられるようになっても、湯豆腐とか、油を使わないものばかり食べてたし…
宮下さん:あれ?一昨日、ランチでカレーを一緒に食べたやん。
私:あ!しかもコロッケカレーを食べてたわ…
※しかもそのあと胃の調子はなんともなく、平気で仕事をしていました。

コロッケカレー(実物!)

いかに自分の記憶があやふやで、都合のよいストーリーを作ってしまうか、ということですね。
山岡さんとの会話中の私は
【仕事を休んで心配かけたな~とりあえず、ある程度仕事ができるくらいまでには回復したはず→でも、そういえば、揚げ物を食べて胃もたれした→きっと風邪が治りきっていないからに違いない(と思う)→そういえば、油を使った料理を食べるのは久しぶりなのでは?】
というのを(自分でも気づかないうちに)数秒の間に頭にめぐらせて答えたのでしょう。

ムラのミライで働いてはいますが、思い込みで話して、他のスタッフに事実質問でバッサリやられてしまう…というエピソードには事欠きません(笑)。
オフィスでの雑談なので、「適当なこと言ってるな~」と苦笑いで済みますが、いざ、フィールドに出たり、困りごとを相談する/相談を受けるときには注意しなければとあらためて思ったものでした。

余談ですが、この話に出てくるオフィスの近所のカレー屋さんもうどん屋さんも私は大好きで、時間とお金があればよく行くお店です。どこか気になるという方は、コッソリとムラのミライスタッフに聞いてください。

(ムラのミライ事務局長 田中十紀恵





→読み切り形式でどこからでも読める、メタファシリテーションの入門本。

  



→2時間で理論と実践方法が学べるメタファシリテーション1,000円セミナー
http://muranomirai.org/intro201604

→本気でメタファシリテーションの実践スキルを身につけたい方へ:フォローアップつき・丸1日の本格講座
http://muranomirai.org/basictrg201605